大量印刷時への提案

ラベルデザインを変更

顧客によって臨機応変に対応出来る耐性は非常に重要です。ラベルプリンタが手元にある事によって、外注による必要のない遅れや必要以上のラベルの作成に悩まされることなくビジネスを続けていくことが出来ます。

情報は読みやすさをキープ
ラベルを内製すると必要な情報を全て入れながらも、顧客やエンドユーザーが読みやすいラベルを作成することが出来ます。

生産の遅れやムダを削減
ラベルを外注すると完成まで数週間掛かり、デザインの修正も行い難くなります。 ラベルを購入することは一つの手段ではありますが、生産の遅れは顧客やエンドユーザーにも影響を与えます。これこそが本当の損失であり、それはラベルのコストなどよりももっと大きな損失です。

ラベルプリンタが手元にあると、ラベルのデザイン、変更、印刷が全て一日で行うことが出来ます。今まで苦しんできた最低発注量、コスト高な価格、送料等から開放されます。内製プリントはコストパフォーマンスが高く、無駄を軽減してくれます。

ラベルの在庫管理
必要な分を必要な時だけ用意するので、ラベルの在庫管理も簡単で楽になります。外注してしまうと手元に届くまでの時間と、最低発注量等で大きな損失が生まれます。

新しい規制や義務化にも対応しやすい
新しい規制や表示の義務化等は絶えることなく行われます。ラベルを内製していれば、そういった変化にも素早く対応することが出来ます。

何種類のラベルにも対応出来る
手元で印刷を行えば、一種類のみではなく異なるデザインのラベルを印刷することが出来るので細かい在庫の管理を行うことが出来ます。また、当日入荷した製品や当日出荷が必要な製品用に、その日にラベルを印刷するということも出来るようになります。

ラベルを最小限に抑える
必要な情報を正しく整理した形でラベルに印刷することは非常に重要です。ラベルをお手元で管理していれば、期限、オーダー、ロット、トラッキング番号等、様々な情報を簡単に変更することが出来ます。

いつでも臨機応変に出来る
内製プリントの最大の利点は制作時間の短縮、コスト削減、無駄な材料削減などの、無駄の削減が大きなポイントになっています。ただそれ以外にも、何か修正が必要となった時に、瞬時に変更して再発行出来ることも、大きな利点になります。何種類ものラベルを、必要以上に保管しておくのではなく、必要なデータを必要な量だけ印刷することで、無駄の削減からトラブル回避まで多くの利点を生み出すことが出来ます。