店舗用ラベル

お客様の要望にすぐに応える
一般的な店舗でのラベル作成での一番のチャレンジは、その時のトレンドや興味によって変わる、お客さんの好みにあったラベルをいつでも準備することです。昔に比べて、お客様がラベルを確認する頻度は増えており、お客様が求める情報や読みやすいラベルを用意することの重要性は高まっています。手元にラベルプリンタがある事によって、市場のトレンドに素早く対応することが出来ます。

ラベルのデザインをいつでも何度でも変更できる
昨今、ラベルの表示規制等の変更が多く起こるこの時代に、素早い対応はどの業界でも必須となっています。内製プリントによって、どんな状況でもすぐに対応することが出来ます。

マーケットのトレンドに対応
ラベル用紙の開発も盛んに行われています。新しい用紙や自分の使いたい用紙など、その時に合った物をすぐにテストして、実用品として利用することが出来るのも、ラベルプリンタを手元に置く大きな利点の一つです。
もちろん弊社にご連絡頂ければ、無償でテストも行わせて頂きます。

ラベルを最小限に抑える
必要な情報を正しく整理した形でラベルに印刷することは非常に重要です。ラベルをお手元で管理していれば、期限、オーダー、ロット、トラッキング番号等、様々な情報を簡単に変更することが出来ます。

生産の遅れやムダを削減
ラベルを外注すると完成まで数週間掛かり、デザインの修正も行い難くなります。 ラベルを購入することは一つの手段ではありますが、生産の遅れは顧客やエンドユーザーにも影響を与えます。これこそが本当の損失であり、それはラベルのコストなどよりももっと大きな損失です。

ラベルプリンタが手元にあると、ラベルのデザイン、変更、印刷が全て一日で行うことが出来ます。今まで苦しんできた最低発注量、コスト高な価格、送料等から開放されます。内製プリントはコストパフォーマンスが高く、無駄を軽減してくれます。

いつでも臨機応変に出来る
内製プリントの最大の利点は制作時間の短縮、コスト削減、無駄な材料削減などの、無駄の削減が大きなポイントになっています。ただそれ以外にも、何か修正が必要となった時に、瞬時に変更して再発行出来ることも、大きな利点になります。何種類ものラベルを、必要以上に保管しておくのではなく、必要なデータを必要な量だけ印刷することで、無駄の削減からトラブル回避まで多くの利点を生み出すことが出来ます。